多摩棋友会  〜私たちは東京多摩地区の将棋ファンを応援する団体です〜
TOP 大会情報 多摩地区情報 当会について 問合せ リンク

大会に出よう!
将棋・・・指してますか?。道場や教室などで実戦を積んだら、次は腕試し。大会に出てみましょう!
けど、「大会って強い人だけ出るんでしょ?」とか「出たこと無いから不安だ」・・など、どうしても腰が引けてしまうって方は以下を参考にしてください。
大会ってどういうのがあるの?
⇒)色々ありますが、毎年定期的に開催されているのは『市民大会』と『予選大会』でしょうか。

@市民大会
各市で年1回〜数回開催されています。市外の方でも参加OKです。ほとんどの大会では、A〜Cと棋力に合わせクラス分けされているので、ご自分の棋力に合ったクラスに出場してみましょう。
(※当サイトの多摩地区情報に大会情報がいくつか掲載されていますので参考にしてください)
A代表予選大会
こちらは腕に自信のある強い方向けですね。全国大会への出場権をかけて戦います。
具体的には、アマ名人都下予選、アマ竜王東京予選、等々。

他にも、女性大会や子供大会、シニアの大会、百貨店の将棋祭り、などなどあります。。また多摩地区では無いですがお隣の神奈川県の「マグロ名人戦」「箱根名人戦」「小田原将棋まつり」とかも有名ですね。たまには地元を離れ遠征するのも、これまた楽しです。
大会に出るにはどうすれば良いの?
⇒)大会には基本的に誰でも出場できます。
まずは大会の情報を調べましょう。日時・場所・参加費・受付時間などを確認。
次に当日の流れについて。
@大会会場には余裕を持って受付開始時刻の10分前には到着しておきましょう。
A受付時刻になったら受付で参加費を払ってどこのクラスに出るか申告します。あとは試合開始を待つのみ。
※まれに事前申込のみ受付という大会もありますが、ほとんどの大会は当日でOKです。
※参加費は市民大会なら¥1000〜¥2500-くらいが相場でしょうかね。(昼食付きかどうかにもよります)
大会が始まればあとは主催者の案内に従ってください。
一人で大会に出るのはちょっと・・・。
⇒)そんな貴方のために?団体戦の大会もいくつかあります。
団体戦には個人戦と違った楽しみがあります。(対局はあくまでも1対1ですけど)
将棋仲間を誘って団体戦に出てみるのはいかがでしょう。
具体的には以下のような大会があります。
*社会人団体リーグ戦(通称:社団戦)。7名1チームでの参加となります。
*職域団体対抗戦(通称:職団戦)。同一職場5名1チーム。春と秋の年2回開催されています。
*道場対抗戦。3名1チームでの参加。その名のとおり、各将棋道場による対抗戦です。毎年秋に開催。
大会で負けちゃいました。。辛いです・・・(T_T)
⇒)そうですねぇ・・。普段の将棋が練習とすれば大会は本番です。勝ち負けしかない真剣勝負です。
負けるといつもの倍辛く悔しいものです。実は将棋ってヘビーなゲームなんですよね・・。しかし、逆に勝てばいつもの倍以上嬉しく、何物にも代え難い勝利の快感があります。
負けて辛い時には一人反省するのもありでしょうけど、将棋仲間と反省会をするのも良いもんですよ。
負けた将棋を並べながら「ここでは勝ちだった」、「ここの仕掛けでは優勢だったのに」などと多少の愚痴を聞いてもらうのもOK。そうやって話しをしてると自然に元気になってくるもんです。勝負は時の運、一度の敗戦なんかで落ち込んでいてはいけません。次の大会で納得できる結果を出せるよう、また頑張れば良いんです!
次の大会があなたを待っていますっ!!
さあ、これで不安は無くなったはず?・・です。
今度の日曜は将棋大会に出かけましょう!!

Copyright (c) 2012 TAMA-KIYUKAI All right reserved